2017年9月30日土曜日

RESOLUTE FAIR を楽しもう!


RESOLUTE FAIR を楽しもう!



昨日に引き続きリゾルトフェアの楽しみ方をご紹介です

今回はフェア限定ノベルティ リゾルト特製バンダナについて


「昔ながらの製法で作られたバンダナ」

現在のバンダナは新型織機の普及と生産性、効率性を考えた裁断縫製に変更された事により

4辺ともまつり縫いされたタイプが主流になっております

昔ながらのバンダナは、生地を旧式織機で織る為、生地を織るのも時間がかかり、生地巾も狭い為に効率良く生産が出来ませんでした

今回のリゾルト特製バンダナは、3辺まつり縫いで1辺だけが縫製されていない、セルビッチ使い(生地端にほつれ止めされている)になったタイプで、昔ながらの製法で作られたバンダナです

染は抜染(生地の染め色を抜くプリント)という生地目を生かした色柄の柔らかい風合いを楽しめる技法を用て、ヴィンテージバンダナさながらの風合いがお楽しみ頂けるように様に作られております





プリントデザインはジーパンのボタンがモチーフになっております

「10」はボタンの台座の刻印

ピンっときた方も多いと思います

ジーパンのをひっくり返した時にボタンの裏に入っている番号です







フェア期間中にご購入のお客様限定でプレゼントのリゾルト特製バンダナ

是非ゲットしてジーパンと共に永くご愛用下さい

※プレゼントは期間中(10/6~10/15)にリゾルトジーンズご購入1点に付きバンダナ1枚(どれか1色)です。




【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html


#resolute #resolute710 #resolute711 #resolute712 #resolute713 #リゾルト
#resolutefair #リゾルトフェア
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

重ね着して風邪引かないように


重ね着して風邪引かないように



おはようございます

昨日の帰りにダウンジャケットを着て歩いてる方を見ました

どんどん寒くなってますね

重ね着して風邪引かないようにして下さい

本日も皆様のご来店お待ちしております



【STANDARD CALIFORNIA 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g146022/list.html

【SBCS ORIGINAL 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g146457/list.html

【Healthknit 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143859/list.html

【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html

【VANS 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143834/list.html




#california #カリフォルニア
#standardcalifornia #スタンダードカリフォルニア
#HDO #別注557 #3rd #Gジャン
#healthknit #ヘルスニット
#resolute #resolute712 #リゾルト
#vans #vanssliper #ヴァンズ #バンズ
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

2017年9月29日金曜日

RESOLUTE FAIR を楽しもう!


RESOLUTE FAIR を楽しもう!



毎年秋から翌年の春まで全国で開催されるリゾルトフェア

今回はリゾルトフェアの楽しみ方をご紹介です


※リゾルトフェアの開催方法等は各店独自に行っております
※実際にフェアに行かれる際は開催店の案内をご確認下さい



「リゾルトの協力によりフェア期間中は店頭の在庫が充実しております」

サイズ展開の多い710を中心に全モデルばっちりサイズが揃いますので、前後サイズのご試着など穿き比べてご購入が可能です




「フィッティングデー = ジーパン購入 ではございません!!」

フィッティングデーにはリゾルト 林芳亨デザイナーも来店

サイズ選びはもちろん、コーディネートの相談やジーパンのものつくりの話し

洗濯は?洗剤は?などなど、作ってる本人に直接聞けちゃいます

林デザイナーと話しはしたいけど、フィッティングデー = ジーパン購入 はちょっと、、、

そう心配される方も多いと思います

当店のフェアは販売会であって販売会ではございません

今は買うタイミングじゃないお客様でも林デザイナーに検討しているモデル、サイズを相談して

後日にお客様のタイミングで購入すれば良いんです

リゾルトは欲しいと思った時に何時でも買えるジーパンです

当店ではフェア期間外でご購入されるお客様の方が圧倒的に多いです

普段からリゾルトのジーパンを楽しんで穿いて下さるお客様の為のフェアでもあります

時間の許す限り記念写真を撮ったり、サイン貰ったり、たくさんお話して下さい








【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html


#resolute #resolute710 #resolute711 #resolute712 #resolute713 #リゾルト
#resolutefair #リゾルトフェア
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

RESOLUTE(リゾルト)とは?


RESOLUTE(リゾルト)とは?



「長い年月の経年変化によって生まれる風合いまでも復刻させる」


まずはじめに、ヴィンテージのジーパンを忠実に再現、復刻したモデルは世に多くございます。

それぞれ本当に良く出来ていると思います。

各年代のシルエット、細部のディテール等、完璧に近いと思います。

しかしながら、1年2年と穿いて洗ってを繰り返し再びヴィンテージのジーパンと比較すると

やはり「どこか?」が違ってくるモデルもございます。

その漠然とした「どこか?」とは


「経年変化によって生まれる風合い」の差だと思います。


この差は購入時の新品ではわからないです。

RESOLUTEでは特にこの部分に力を入れてジーパンを作っています。


「真面目に作ったが大雑把なアメリカ製、その大雑把さを真面目に作った日本製」


穿き込んだRESOLUTEのジーパンは、ヴィンテージのジーパンと間違われる事があります。

店舗前のショーケースに色落ちサンプル飾っておくと

お客様から「表のヴィンテージのジーパンの値段はいくらですか?」とよく質問を受けます。

この状況はヴィンテージのジーパンを再現するにあたり

各年代のシルエットや細部までこだわったディテールの再現も大事ですが


「経年変化によって生まれる風合いの再現」が、更に大事である事を意味していると思います。


では、その「風合い」とは何か?

日本製の良さ、それは寸分の誤差も無い正確な仕事だと思います。

現在のものつくりの基準で、腕の良い職人が高いレベルの完璧な作業をして仕上げたジーパンは、当然ながら製品として高い完成度を誇ります。


しかしながら、その完成度が「経年変化によって生まれる風合い」の出現を妨げてしまいます。


「どこか?」が違ってくるモデルは、アメリカ製のヴィンテージモデルよりも上手に作り過ぎているのです。

独特のアメリカ製の大雑把さが経年変化によって生まれる風合いを出現させます。

RESOLUTE 林デザイナーは、ヴィンテージのジーパンを糸のレベルまで分解し、撚り方、染め方、織り方、縫い方を長年研究しています。


「アメリカ製ヴィンテージの大雑把さを日本の最高の職人達と組んで大真面目に作った日本製のジーパン」がRESOLUTEです。


各部位のステッチのテンションや入れ方もパッカリング(縫製の時にできる縫い縮み)を計算し

コバステッチ(生地の端にそって入れるステッチ)もアメリカ製の幅の広さを研究再現

知らない方には不良品と言われる可能性のある左右非対称のパターンを採用する等

糸から縫製まで上手になり過ぎないように大真面目に作られています。


シルエットがキレイで気に入って購入したジーパンに

数年後、経年変化によって生まれる最高の風合いがオマケで付いてくる

これがRESOLUTEの最大の魅力です。









【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html


#resolute #resolute710 #resolute711 #resolute712 #resolute713 #リゾルト
#resolutefair #リゾルトフェア
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

今日は更に寒いです


今日は更に寒いです



おはようございます

今日は昨日より更に寒いです

コートの下にベストを入れて弱いお腹をガード

私は年々、この時期の寒暖差に適応できなくなってきております

昨日したiOS 11のアップデート後のフワッと感にも適応できておりません

今週末も皆様のご来店お待ちしております



【STANDARD CALIFORNIA 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g146022/list.html

【SBCS ORIGINAL 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g146457/list.html

【Healthknit 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143859/list.html

【RAINBOW SANDALS 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g147988/list.html



#california #カリフォルニア
#standardcalifornia #スタンダードカリフォルニア #フリース #ベスト
#HDO #別注ブッシュコート #デニムコート #別注519 #コーデュロイパンツ
#healthknit #ヘルスニット #サーマル #ヘンリーネック
#rainbowsandals #レインボーサンダル #スリッポン
#rayban #レイバン
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

2017年9月28日木曜日

RESOLUTE(リゾルト)とは?


RESOLUTE(リゾルト)とは?



【大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツ】

リゾルトはアメリカ人用に作られたヴィンテージモデルのシルエットを腰まわりの小さい日本人に良く馴染むように修整。

各モデルお尻から裾までキレイなラインで落ちる「大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツ」になっています。

ウエストはジャストサイズ、丈は足の甲や靴にクッションさせない長さで穿いて頂く事をブランドとして推奨しています。

これにより各モデルが本来持っているシルエットが現れると同時に身体に合わせたキレイな穿き皺が生まれます。

シュッとキレイなラインのスタンダードモデルの「710」
ジーンズが作業着であった年代の男らしいラインの「711」
サンフォライズド加工を施したスマートデニム「712」
710の股上を浅くし更に洗練されたシルエットの「713」

どれもオーバーサイズで穿くと特徴がボケてしまいます。

多くのお客様が従来のアメカジらしいゆったりと穿くジーパンをお持ちだと思います。

ですから新たに追加でジーパンを検討している方には、はじめにリゾルトのフィッティングをおすすめしております。

もちろんリゾルトは従来の穿き方も出来るジーパンです。

ブランドが推奨するリゾルトのフィッティングですが、林デザイナー本人も「最終的にジーパンは好きに穿いたらいいんです」と言います。

当店もジーパンの楽しみ方の新しい選択肢にして頂ければと思っています。







【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html


#resolute #resolute710 #resolute711 #resolute712 #resolute713 #リゾルト
#resolutefair #リゾルトフェア
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

今日は寒いです


今日は寒いです



おはようございます

今日は最高気温も18℃と寒いです

しっかりと羽織って外出して下さい

本日も皆様のご来店お待ちしております



【STANDARD CALIFORNIA 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g146022/list.html

【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html

【VANS 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143834/list.html



#california #カリフォルニア
#standardcalifornia #スタンダードカリフォルニア
#champion別注 #champion #チャンピオン #reverseweave #リバースウィーブ
#resolute #resolute713 #リゾルト
#vans #vanssk8hi #offthewall #ヴァンズ #バンズ
#rayban #レイバン
#sapporobase

ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】

2017年9月27日水曜日

RESOLUTE(リゾルト) とは?


RESOLUTE(リゾルト) とは?



10月6日(金)~10月15日(日)まで開催の「RESOLUTE FAIR 札幌」

もう既にリゾルトのジーパンをご存知の方も多いと思いますが、フェア直前企画で再度特集したいと思います。

今回は、RESOLUTE(リゾルト) とは?の基本からご紹介です。



【デザイナー】

林 芳亨(はやし よしゆき)

1956年生まれ。
少年期に抱いたリーバイスへの憧れから自らデニム作りに携わる。
1988年、「Denime/ドゥニーム」設立にあたり、デザイナーとして参加、デニムにかける愛情と深いこだわりで、日本における空前のレプリカジーンズ・ブームを牽引する存在となる。
Denime退社後、もう一度原点に立ち返る意味で2010年5月にRESOLUTEをスタートさせる。
「自分のデニムは洋服ではなく、いわば道具。何年たっても手に入る、理想のスタンダードを創りたい」がモットー。
デニム作りを始めてから欠かすことのない週に一度の工場通いは、職人と直接対話することがクォリティをより高める最善の方法であると考えていることから。
ユーモア溢れる言動や気さくな人柄に惹かれるファンは多い。
大阪在住




【ブランドコンセプト】

RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、いわば「道具」としてのデニム。
デニム=アメカジにとらわれることなく、仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツを目指しています。
RESOLUTEが4型のみのラインナップに拘るのは、「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」という林デザイナーの職人たる思いが込められているからです。




【ものつくりへのこだわり】

RESOLUTEはメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって行われます。
昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ち。
この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素なのです。
穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなっていき、そこから色が落ちていく。
毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のまま。
この濃淡が1本のデニムに絶妙なカラーコントラストを生み出すのです。
あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ、穿きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていくのです。






【ラインナップ】

RESOLUTE 710
リゾルトの基本となるLevi's501 66をモチーフにした細身のストレートモデル。
洗うたびに毛羽立つヴィンテージ リーバイスのデニム生地(13オンス後半)を忠実に再現することで、穿き込むにつれてきれいな色落ちが楽しめます。
どんな体形でもなるべく丈を切らずに穿けるよう、8種類のレングスが設定されております。






RESOLUTE 711
1950年代のインディゴ色が濃い生地を再現した、太めのストレートモデルになります。
洗うたびにデニムの表面が毛羽立つのは710と同様ですが、オンスは半オンス程度軽い13オンス前半です。
革パッチや隠しリベット、オフセットセンターループなど、LEVI'S 501XXのディティールを再現。
オリジナルのボーイズモデルを参考に製作し、腰まわりをスッキリさせておりますので、ヒップが落ちる事無くキレイな太いシルエットがお楽しみ頂けます。


左 RESOLUTE 711 右 VINTAGE LEVI'S 501XX



RESOLUTE 712
Levi's505をモチーフにした膝から下がテーパードされているストレートモデルになります。
710の生地(13オンス後半)に防縮加工(サンフォライズド)を施してあります。
洗うたびに毛羽立つ生地表面の毛はあらかじめ焼いてあります。
同サイズの710と比較すると股上が浅く、腰幅とワタリはやや大きくなります。
裾幅は710よりも若干細い為、よりテーパードが強調されるシルエットです。
RESOLUTE唯一のジッパーフライモデルになります。

※2017AWよりW26~W36の全サイズ L29、L31、L33 の展開に、よりキレイなシルエットでお楽しみ頂ける様になりました。





RESOLUTE 713
RESOLUTEの基本となる細身のストレートモデル710の股上を浅くしたモデルです。
ローライズならではの腰まわりがスッキリとしたシルエットが特徴です。
股上が浅い分、フロントボタンは4個仕様です。
生地は710と同じ13オンス後半で洗うたびに毛羽立つヴィンテージ リーバイスのデニム生地を忠実に再現することで、穿き込むにつれてきれいな色落ちが楽しめます。
ローライズ仕様がお好きな方はもちろん、710でウエストをジャストサイズで合わせてもヒップが余ってしまう方や、ウエストのトップでサイズを合わせると脚が緩くなってしまう方におすすめのモデルになります。




【RESOLUTE 商品一覧URL】
http://www.sapporo-base.jp/SHOP/g143835/list.html


ブログランキング参加中です
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ

【お問い合わせ】
SAPPORO-BASE CLOTHING STORE
担当 藤田
TEL 011-281-6546


【SAPPORO-BASE CLOTHING STORE】
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目8-1 松本ビル1F
TEL&FAX 011-281-6546
営業時間 11:00~20:00
定休日 隔週月曜日

【SAPPORO-BASE ONLINE STORE】

【SAPPORO-BASE BLOG】


【SAPPORO-BASE Instagram】

【SAPPORO-BASE twitter】